医師
看護師
リハスタッフ
福祉スタッフ
コメディカル
事務職

当センターについて

「誰もが街で暮らすために」

千葉県千葉リハビリテーションセンターは、県内唯一の総合リハビリテーションセンターです。「誰もが街で暮らすために」。この理念を胸に、全職員が社会的使命感と仕事への情熱を持って、さまざまな悩みを抱える方たちの「いまと未来」を支え続けます。

センター長メッセージ

千葉リハビリテーションセンター センター長 吉永 勝訓

サンプル画像
あなたも、医療と福祉が一体となったチーム医療の一員へ

当センターの患者さんや利用者さんは、主に身体に障害のある方で、年齢も小児から成人までさまざまです。一般的な病気の治療とは異なり、障害を抱えた場合のリハビリテーションは長期にわたることが多く、患者さん、利用者さんと長くおつきあいしていくことになります。
目指すのは、患者さんが自宅に戻れるように機能を改善し、生活の支障を軽減していく、さらに社会や職場に復帰していけるようにしていくこと。それには、医療と福祉が一体となって支える多職種によるチーム医療が鍵となります。医師、看護師、そしてリハビリテーション療法や福祉関連の各スタッフが協働してこそ、障害者への専門性の高いリハビリテーションを実現できるのです。そのため、全職員がその能力を存分に発揮できるように、またよりスキルやキャリアを高めていけるように、職場環境の整備はもちろん、研修・教育プログラムなどを充実させています。
障害のある方とそのご家族が笑顔で暮らしていくために、あなたも私たちチーム医療の一員として、存分に力を発揮していただきたいと願っています。

部局を超えた多職種のチーム医療で、ベストの治療・ケアを

センターには、部局の壁を超え、互いの専門性を理解・尊重しあい利用者支援の質の向上を目指して活動するワーキングチームが多数あります。
「温かくて安全な食事提供ワーキング」は、利用者にとって、身体も心も満たされる食事提供の実現をテーマに、看護師・作業療法士・管理栄養士・介護福祉士・保育士が活動しています。
センターの取組み