見出し

千葉リハの福祉スタッフ

あなたの手で、利用者さんに「あたりまえの暮らし」を
障害を抱えたことで諦めていた「あたりまえの暮らし」をどうやって取り戻すか、実現するか。社会福祉士、介護福祉士、保育士、それぞれのポジションから、利用者さんの意思を尊重し、本人が目指す暮らしを、年齢に応じた計画を立て実現します。
生きている喜びを大切に、誰もが社会の一員として尊ばれ、その人らしい人生を送っていただけるように行動・実践できる福祉職を、あなたも一緒に目指していきませんか。
画像

福祉職が配置されている施設・部署

社会福祉士介護福祉士保育士
リハビリテーション医療施設(病院)
総合療育センター
  • 医療型障害児入所施設愛育園
  • 児童発達支援センター(通園・放課後デイ・相談支援事業)
障害者支援施設更生園
  • 機能訓練・生活訓練・就労移行支援
地域連携部相談室
高次脳機能障害支援センター

福祉局長メッセージ

福祉局長 小滝 みや子

サンプル画像
医療と福祉が一体となって支援できるからこそ、いままでできなかったサービスを可能に

当センターの特長の一つは、小児、成人を問わず障害のある方に、長期にわたり連続してサービスを提供できることです。その場だけの関わりやケアではなく、回復の過程を利用者さんと一緒に実感し合えること。心理的な変化、成長も見守りながら、ずっと寄り添い、その方の将来をともに考えていくことができること。これは福祉のプロとして働く最大の喜びだと思います。
もう一つの特長は、医師、看護師、リハスタッフなど高度な専門性を持つ医療職と協働し、チームの一員として福祉サービスを提供できることです。利用者さんの日々のQOLを高めるために、福祉の視点だけではなく多職種が一体となって計画することで、いままでできなかったことも可能になります。例えば、ディズニーランドで遊ぶという極当たり前のことが困難だった利用者さんを、医師・看護師と一緒に連れ出し、夢を実現させた先輩もいます。そんな先輩たちの生き生きと活躍する姿を、ぜひ一度見学してみてはいかがでしょう。多職種とのチーム体制でこそ可能になった理想の福祉が、ここにあります。